新築現場 ~断熱編~

今年も残り僅かとなりましたね。

寒さが厳しい毎日が続ておりますが皆さま体調はいかがですか?

毎朝、布団から出る戦いをしている今日この頃です(笑)

さてそんな中、住宅で寒さ対策と言えば断熱ですよね。

今日は着工中の新築現場での断熱材についてのお話です。

K様邸では(スーパーウォール工法)で施工をしております。

下記写真は壁の断熱材写真です。(厚さはなんと100㎜)

すべて一枚一枚壁パネルを工場で生産して現場に搬入されてきます。

窓の大きさ、取り付ける高さ等事前に細かくお打合せをさせて頂き加工を依頼します。

現場に搬入後は指定された場所に施工をしていきます。

なので隙間なく綺麗に収まります。後ろに微かに見えるのが施工されたパネルの状態です。

 

 

スーパーウォール工法で施工をした建物はメーカーによる気密測定を行います。(下記写真)

家の中を機械にて強制的に真空状態にします。真空にすることにより外壁に隙間が無いかを調べます。

隙間として許される数値も厳しい基準があり、その数値にクリアをしなければ認定書を頂く事が

出来ません。

『気密検査合格です。』を頂かないと以後の工事にも影響が出てしまいます。

なので弊社では施工はしっかりと行います。

毎回この検査は緊張してしまいます。(笑)

この度も見事合格点を頂きました。よかったです(^^♪

高気密・高断熱住宅の証ですね 。

素晴らしい住宅でも隙間だらけでは勿体ないですからね。

K様邸も終盤になってきました。喜んで頂ける建物を作ってまいります。

 

 

Contact

各種ご相談等は、お気軽にご相談ください。

042-623-8700
営業時間:9:00-18:00 [月-金曜日]